tAmaoの徒然日記

日々のニュースで感じたことや、今まで学んできたことを徒然なるままに書いていきます。メインは建築、土木、心理、うつ病などなど。

過敏性腸症候群 〜ストレスが胃腸の負担になっていませんか?〜

 

tAmaoです。

 

昨日はブログ更新ができませんでした。

 

理由はですね、タイトルのとおりです。

 

私、うつ病にかかっていた時があり、今も通院・服薬中なんですが、

ストレスとか疲れとか不安がたまると、

主に胃腸にくるんです。

 

もうね、ほんっっっっとに痛いんです。

 

息もできないような痛み、

 

酸素を取り込めなくなって生あくびが出る、

 

起き上がれない、

 

全身から脂汗がぶわああああああって出る。

 

(そして下痢ピーになる)

 

その痛みがいつ終わるかもわからない。

早く終わってくれとただ願うばかり。

痛みが治まった後は、痛みと戦ったことによる疲労感が顔中に出てくる。

 

この急激な胃腸の痛みを、過敏性腸症候群と言います。

 

はじめにお伝えしたように、ストレスなどの負担が胃腸にくる病気ですね。

下痢にもなりますし、いくらお腹を温めてもなかなか治らない。

痛み自体は昨晩にはどうにか治ったんですが、

胃がぐるぐるとなって寝られず、今朝も違和感がひどかったため、

大事をとって本日はお仕事をお休みさせていただきました。

夕方近くになってようやく調子が良くなりましたが、

なんか罪悪感です。 (ブログ書いてんじゃねぇよって感じ)

 

う〜ん、

実は先週の月曜日も調子悪くて休んじゃったんだよね。

 

復職して半年を過ぎましたが、

なかなか体調の波は激しいです。

 

 

過敏性腸症候群は、お薬を処方してもらうことで徐々に良くなってきます。

私は「イリボー」という薬を処方してもらって少しずつ良くなったかなと感じていましたが、

時々間違って2回分を1日に服用することがあって・・・・;

飲まない日もあったりしたんで、おそらくそれも原因かと・・・・´д` ;

(※女性は男性の半分の量を処方されるので、誤って2回分飲んでも一応大丈夫なそうです。※薬剤師さんのお話)

 

 

私は昔から胃腸が弱かったり、生理になると生理痛や腹痛や冷えがひどくなったりと、とにかく下半身に症状が出やすいみたいなんです。

 

初めて胃腸で苦しんだのが、中学二年生の頃でしたが、

その時は盲腸では?と疑われ、でも私は手術したくなくて薬で散らして治しました。

 

その後も忘れた頃に胃腸の激しい痛みに悩まされ、

胃腸科で胃カメラを飲んでみてもらったりもしました。

が、特に異常もなく、非常に綺麗な胃をしていたそうで(笑)

 

んで、半年前に主治医にそのことを相談したら、

 

「それ、過敏性腸症候群じゃね?」(もう少し丁寧な言い方をしてもらってます。)

 

ってことになってイリボーを処方されたのです。

 

 

もうちょっと早く相談しろよ自分。

 

悩み続けて15年やぞ・・・。

 

そんな気分ですが、過去には戻れないので仕方ないですね。(ー ー

 

 

過敏性腸症候群って、

私に言わせたら生き地獄のような感じです。

死ぬことはないと思うんですが、

「いっそ死なせてくれーーーーーーー!!!!」

って気分になります。

 

ここだけの話、

腹にナイフ突き刺したほうがマシなんじゃねぇの?

 

って毎回思います。

 

 

ぜっっっっっっったいにそんなことしてはいけませんよ!!!!

 (もちろんやったことありません!!!)

 

ってことで、今回のことを反省して、

ハードスケジュールを少し緩め、

夜更かしをやめて、

ちゃんと毎日薬飲んで、

しっかりとお腹あっためて寝て

極力症状が出ないように心がけたいと思いました。

ほんと、油断するとすぐにオーバーワークになるんで・・・

 

 

 

アメブロの猫ブログでも特に人気の高いすずめくんの記事がYahooにあったので、ご紹介。

 

すずめくん超可愛い。

前足内股なのに後ろ足がガニ股なのも可愛いし、

お目目くりっくりも可愛いし、

ぼーっとしてたらお口が開くのも可愛い。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

twitterで人気の添い寝待ち猫のギズモさんや、ティッシュを潰す妖怪のすずまろくんもかわいいけど、

 

まぁ、やっぱり一番かわいいのは我が家の猫ですけどね。(歴代の猫ズも含めて)