tAmaoの徒然日記

日々のニュースで感じたことや、今まで学んできたことを徒然なるままに書いていきます。メインは建築、土木、心理、うつ病などなど。

ジブリがいっぱいcollection 高畑勲監督、安らかに

 

tAmaoです。

本日の岡山県の天気はあいにくの雨ですが、

なんだか今日はそれなりに調子が良いのです。

 

ただ、更新が遅れてしまい、今にも瞼が閉じてしまいそうです・・・・

 

 

 

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

まずは高畑勲様、

ご冥福をお祈り申しあげます。

 

私はジブリを見て育った人間なので、このニュースには驚きました。

平成狸合戦ぽんぽこ」「海が聞こえる」などを見させていただいてました。

私見ですが、宮崎駿監督のジブリ作品は、どちらかというと色鮮やかなファンタジー要素が強いイメージで、

高畑勲監督は、リアルな情景が多い作品が多いイメージです。

 

壮大なファンタジーの中に、環境問題などを盛り込む宮崎駿監督と、

リアルな人間模様や人と動物との壮絶な戦いを描く高畑勲監督。

どちらの映画も私たちの心に深く刻み込まれますよね。

 

先ほどYahooニュースをみましたが、13日に急遽「火垂るの墓」が放送されるそうです。

この映画、本当に素晴らしい映画ですよね。

戦争の非情さ・悲惨さを描かれたアニメ映画です。

 

しかし、実は私はこの映画、きちんと鑑賞したことがありません。

小学生のとき、図書館にあった「火垂るの墓」の絵本をみたことがあります。

その時に、兄妹のお母さんが亡くなっているシーンがあり、お母さんの亡骸の絵が私のトラウマになっています。

良い映画だとわかっているし、戦争経験のない私は見るべきものとわかっていても、

辛くてなかなか見れずにいます。

 

見るのをためらってしまうほど、

戦争の悲しみを描かれているということではないでしょうか。

本当に、心に残るたくさんの映画を残してくださいました。

 

そして、高畑勲監督は、少年時代に岡山県で過ごされていたそうです。

亡くなられる2ヶ月ほど前には私の地元で講演会もされていたそうです。

 

星野仙一さんといい、今年は岡山の偉人の方々の訃報が続き、とても悲しく思いながら、たくさんの感動を残してくださったことに本当に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、高畑先生のお話と一緒に載せるのは非常に申し訳なく、不謹慎かもしれませんが、

どうしても紹介したかったので、載せておきます。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

トヨペットは・・・

岡山は日本一ウィンカーを出さない県だから、プチプチで町中を保護しようとか、

なんかシュールなCMばかり作っていますね・・・

 

わたくし、ザ・岡山県民ですが、岡山のこのシュールさ、

自虐ネタとして扱っております。

 

岡山県に対する愛情の裏返しですね♥(←は?