tAmaoの徒然日記

日々のニュースで感じたことや、今まで学んできたことを徒然なるままに書いていきます。メインは建築、土木、心理、うつ病などなど。

にゃんこ

f:id:t8m8k1ai0803:20180312213400j:plain

テト


 

今日は実家にいる愛するにゃんこについて。

 

黒猫お短か鍵尻尾のテト(♀)です。

可愛いですね。

 

今私は実家を離れて一人暮らししていますが、

車で40分ほど行けば帰れるので、この子に会いたくなったら帰ってます。

 

 

我が家では、私が物心ついた時から猫を飼っていて、

初めて飼った猫は、長毛で体の大きな雄猫のリュースケでした。

残念ながら、喧嘩で怪我をして病気をもらい、そのまま居なくなってしまいました・・・・

 

次に買い始めたのが、また拾い猫で黒猫で、お腹に月の形をした白い毛(白いパンツを履いているみたいでした笑)のジジちゃん(♀)。

この子は15歳過ぎまで生きていましたが、顔にガンが出来てこの子もまた居なくなりました・・・・

 

 

 

前々回に、私の弟が自閉症という話をしましたが、

弟が自閉症であることは、生まれてすぐにわかったことでした。

私は弟の1つ上なのでまだ1歳でしたが、母は弟の面倒に気を取られてしまい、

私を構う時間が減ってしまったそうです。

ふと母が私を見ると、私は壁を見て涙を流していたそうです。

 

それを見て、母は私が寂しがらないようにと、我が家の初代猫リュースケを探してきたのです。

 

そういった経緯があるからかわかりませんが、

私は人に甘えるのは苦手ですが、猫たちにはデレデレしています。

 

特に2代目のジジとは親友のような関係だったと自負しています。

ジジも私を信用してくれてました。

最後に看取ってやれなくて、本当に悔しくて、本当に申し訳なくて、今でも時々思い出します。

あんなに私を心配してくれた猫もいなかったので・・・・

 

 

とまあ、こんな過去があり、我が家の三代目のこのテト子は完全室内飼いのにゃんこです。

私が下関にいた時、アパートの駐車場でガリガリに痩せていたところを発見し、結局そのまま実家に連れて帰りました。

 

テト子は母にべったりで、むしろ母以外には懐いてないくらい神経質で人見知り・猫見知りな子です。

ちなみに私はリュースケ・ジジちゃんと同様、この子も溺愛していますが、

溺愛すればするほど嫌がられます。

 

 

猫パンチされます。

猫キックされます。

引っ掻かれます。

噛まれます。

シャー言われます。

フー言われます。

 

 

 

 

どうやら私の愛が強すぎるみたいですね。

 

(ちなみに私の下の名前も”愛”です。)

 

 

 

この子にはリュースケやジジの分も長生きして、しっかりと母を癒してあげてほしいですね。

 

 

あ〜かわいい